オフィス運用に欠かせない取り組みでもコスト削減の取り組みができる

コスト削減をしたいならプロにお任せ【オフィス移転も安心】

コストといえばお金ではない

一般的に「コストがかかる」といえば「購入や維持にお金がかかる」という意味合いがあると思われています。そのためコスト削減というとお金をかけずに自分たちでやる、となってしまいがちですが、実はその「作業にかかる時間」もコストに含まれるのです。

オフィス運用に欠かせない取り組みでもコスト削減の取り組みができる

オフィス

会社経営にはこんなコストがかかる

会社を運用していくためには、様々なお金と労力がかかります。利益を生み出す経済活動のための経費は見えやすいですが、見えないところでも色々なコストがかかっているのです。
コストがかかる部分の一つにオフィスの家賃があります。自社で車を所有しているなら、その駐車のためにスペースを借りることもあります。
オフィス移転をするとなればその見積もりやレイアウト、スケジュール管理も社員の肩にのしかかってくるのです。

アウトソーシングでコスト削減

アウトソーシングという考え方がありますが、これは専門の業者に頼むことでコスト削減をするというものです。法人や企業の不動産についてもコスト削減のために動いてくれる専門業者があるので利用しましょう。
そうすることで、オフィス移転に必要な什器の移動や補充、交渉ごとを任せられるのです。

他の細々とした移転作業もサポート

大規模な企業が移転するとなると、それだけでも膨大なコストがかかります。それをサポートしてくれる業者があるとなると、とても助かるでしょう。
移転を行なうと、工場では耐震対策をする必要も出てきます。また名刺や封筒の再作成もしなければなりません。これも任せられるのでコスト削減に繋げられるのです。

これで私たちはコスト削減を実現しました

意外と盲点の防災備蓄品

私達の会社では、もしものときの災害に備えて防災備蓄品を購入しているのですが、担当者からは「意外と使用期限や賞味期限の管理が大変」といった声がありました。アウトソーシングすることで一括購入などの工夫ができたんです。

駐車場以外にもコストがかかる社用車

駐車場を社外に借りていることもコストの一つですが、定期的な点検も結構大変なんですよね。業者さんに頼んだら中古車は買取に回してくれましたし、工場に必要な機器の点検も任せることができました。

広告募集中