大阪の貸事務所を決めるまでの流れを確認【貸事務所の良さを再確認】

その企業の顔になる

企業の宣伝は新聞やホームページなどで見ることができますが、ビルや事務所も大事なその企業のイメージです。企業のイメージを作り上げるためにはビルや部屋を購入した方が良いのか、借りるのが便利なのか悩んでしまいます。

どっちがいい?賃貸オフィスと自社ビル

自社ビル

初期投資は莫大な費用がかかりますが、長期的に利用するのであれば支出が抑えられます。自社で所有しているビルですので、建物を利用する際の使用制限がないのが特徴です。

賃貸オフィス

借りているオフィスのため、使用上の制限があります。そのため移転も視野に入れる必要がありますが、会社の形態がまだ固まっていない会社ならそのほうがむしろ良いといえます。

利便性が高いところを契約する

オフィスはその企業の顔ですので、やはり設備面や建物の外観は気になるところです。しかし、見た目だけに惑わされず、大阪なら交通の便が良いところ、または取引先の企業が多いところと契約しましょう。

[PR]会社のコスト削減を成功させたいなら注目!
人気のコンサル会社を紹介☆

[PR]梅田で貸し会議室探し!
素敵な物件いっぱい☆

[PR]大阪で貸し会議室の利用を検討しているなら必見!
人気施設を厳選特集♪

[PR]大阪で賃貸オフィスを利用しよう
オトクなキャンペーンを実施中♪

[PR]大阪の貸事務所をいくつも紹介!
条件に合った物件をラクラク検索☆

理想の貸事務所を大阪で見つけたら手続きしよう

オフィスデスク

不動産業者に相談

不動産業者の中にはその業者のホームページで、扱っている物件の情報を公開しているため、その中から情報を絞りこむことができます。
一方、大阪で借りるエリアが決まっているなら、最初からその地域の貸事務所を扱っている不動産業者に連絡して、物件の相談をするという企業もあります。コスト削減のためにオフィス移転の際に必要な物件探しをアウトソーシングしているところもありますので、利用しやすい方法で貸事務所を探していきましょう。

申し込んでレイアウト工事をする

納得できる条件のオフィスを見つけたのであれば、契約します。「会議室を作るスペースがなくて…」と不満に思っていたとしても、梅田だと近くに貸し会議室も充実しているので、そのスペースは必要ないかもしれません。
いよいよ入居の前にレイアウトを決めていきます。賃貸オフィスはたいていシンプルな作りなので、その企業の特色に合わせて内装を決めます。これも不動産業者に任せる企業が多いです。

広告募集中